英会話の始め方

●英会話の上達には、単語・文法・発音、全部重要?

◆英語の単語の覚え方って?◆まず、覚えたい単語の意味を調べて、スペルをノートに書いて、実際に発音してみてという流れでしょうか。
もちろん、基本はそれでいいと思います。
けれど、英単語をそのまま丸暗記していては、単語の使い方が身に付かず、応用が利きません。
しかも、単語のみの場合、覚えるのに時間が掛かる割には、忘れるのが早くなってしまいます。
記憶した単語を文章で使えるようになって、やっとあなたの身についた事になるのです。
英語の単語を、丸暗記するよりもっと効率よく覚えて行く方法。
それは、簡単な「例文」で覚える事です。
まずは、例文の主語と動詞、また、文章の構造をチェックします。
例文を使って英単語を覚える場合、文の構造を考える為に頭を使う事で、より英単語や英文を理解しやすくなります。
それに、例文として理解して覚えているので忘れにくく、おまけに文法の知識も身に付きます。
丸暗記するよりも頭の中でイメージしている分だけ、効率良く英語の単語を覚える事ができるのです。
簡単な例文を利用して英単語を覚える為には、英単語や熟語に適切な例文が付いている教材を選びましょう。
旺文社のターゲットシリーズなどが良いかもしれませんね。
そして、あなたが覚えたい単語の例文をじっくり読んで、意味と用法を覚えてください。
もし、例文の中に分からない単語があった場合には、その都度、意味を調べるクセをつけましょう。
◆英語を話すのに文法は重要?◆日本人がなかなか英語が上達しない理由の一つとして、「学校で英文法ばかり勉強しているから上達しないんだ」などとよく言われています。

確かに英語を話すのにはあまり実用的ではないかもしれませんが、だからと言って、英文法が重要ではないわけではありません。
ただ単に簡単な挨拶をしたり、相づちをうつだけで満足だと言うのなら、英文法は確かに必要ないでしょう。
多少、文法が間違っていたとしても、実際の会話では通じることだってあります。
しかし、自分の意思や言いたいことを相手に正確に伝えたいと思っているならば、英文法はとても重要なのです。
リスニングやライティングの時を想像してみてください。
耳や目に入ってきた単語はそんなに難しくなく、聞き取れたり、わかっていたとしても、文章全体の意味がわからなくてはダメですよね。
英文法の力を身につけることによって、その単語の羅列から意味を理解することができます。
さらに、自分が理解している単語を並べて相手に言いたいことを伝えることもできるでしょう。
英語の学習の初期の段階で、ある程度文法力を身につけていれば、その後もその文法力を活かして効率よく勉強できるはずです。
総合的に英語力をアップさせるためにも、文法は必要なのです。
まずは、基本的な文法のルールを勉強してください。
最低限のルールさえ頭に入れておけば、細かいルールや難しいルールは勉強しながら自然に身につけることができるでしょう。
◆発音が上達するには?◆英会話で発音が上達するには、基礎の基礎から発音の仕方を学び直すというのが、結果的には上達の近道になるようです。
中学、高校と授業で英語をやってきたから、今さら基礎的な発音の練習なんてしなくていいと思っていませんか。
ただ何となく発音していては、いつまでたっても発音が上達することはないのです。
面倒でも、もう一度、基礎からやり直してみてください。

その際、発音の仕方についてわかりやすく解説した音声CD付きの教材を利用するといいでしょう。
恥ずかしがらずに大きな声で、鏡で口の形や舌の位置などを確認しながら発音の練習をします。
見本の音声の真似ができるようになったら、自分の発音を録音して、正しくできているかどうかチェックしてみます。
自分ではチェックできないようなら、誰か英語ができる人にお願いするか、発音をチェックできる音声認識教材などを利用するといいですね。
間違いやすい発音を重点的に練習するのも、発音が上達するためには有効な方法でしょう。
英語の発音の練習をする際には、ネイティブの見本の真似をして、思い切って大きな声で羞恥心を捨てて発声することが大事です。
アクセントやイントネーションにも気をつけて、ボソボソとつぶやくのではなく、普通の会話くらいの音量で練習してください。
実際に英語を話す時には、緊張して小声になってしまいがちですから、普段から大きな声で練習しておくことが必要なのです。
正しい発音で、とにかく、何度も繰り返して声に出す。
これが発音が上達するためには、必要不可欠でしょう。

お役立ちサイト&関連サイトの紹介です。

借金返済の方法と計画
借金の返済計画や方法をどうすればいいか悩んでいる人、専門家である司法書士や弁護士に相談してみましょう。無料相談OKの相談事務所、紹介しています。